●2006.11/13〜11/21 ニュージーランド南島遠征

今回の遠征は何時もの年より少し早めの時期を選びました。
季節的には日本のゴールデンウィーク明けかな。
この時期は解禁して間もないということで天気さえ良ければ大物が釣れて数も出るとのこと。
場所はクライストチャーチから車で1時間チョイのダーフィールドの近辺。
チャーチから近いということで魚が少ないのではないかと思っていましたが
トラウト&キングの夷谷さんによると殆ど人がチャーチに着いた後、
南下してしまうので穴場だそうです。

Imgp0622.jpg (80348 バイト) Imgp0637.jpg (84023 バイト) Imgp0655.jpg (103778 バイト)
初日は前日の雨で川は何処も釣りにならないためやむなく湖での釣り。
インジケーターの先にニンフを2個結び回遊してくるブラウンやレインボーを待つという釣り方です。最初は面白くないと思いましたが目の前に60cmオーバーの魚が泳いでくるとさすがに興奮します。
今回同行した常連のK氏。初めてのNZ遠征でナイスナブラウンをキャッチ。おめでとう! 2日目、ようやく小さな川は濁りが取れて川での釣りができました。
タングステンヘッドのヘビーニンフと小さなニンフのツーフライシステム。
K氏のロッドが満月に曲がってヒーヒー言ってます。

Imgp0667.jpg (106125 バイト) Imgp0673.jpg (114417 バイト) Imgp0698.jpg (122147 バイト)
60cm弱のグッドコンディションのブラウン。本当に嬉しそうな顔ですね。 一応私も釣りました。ロッドはセージのニューモデル、ズィ・アキシス9'0"6番とラムソンの新製品ライトスピードハードアロックス2。最新、最高の組み合わせです。 人家の裏のポイント。大きな川は濁りがとれなく釣りにならなかったんで、しょうがなかったけどこんな所で釣りするのは初めてです。

Imgp0694.jpg (97123 バイト) Imgp0707.jpg (43784 バイト) Imgp0706.jpg (50399 バイト)
でもこんなブラウンが釣れちゃうんです。やっぱりNZは凄い! モーテルのキッチンです。200ボルトの電気コンロに冷蔵庫、電子レンジ、調理器具に食器も用意されています。 NZは申告すれば殆どの食品が持ち込めます。ラーメンに納豆汁、お茶漬け、レトルトカレー、梅干、海苔などなど。


Imgp0849.jpg (87017 バイト) Imgp0701.jpg (70261 バイト) Imgp0705.jpg (53348 バイト)
ガイドフィッシングの日はガイドが持ってくるサンドイッチがランチです。3日目ともなると飽きて喉を通らないです。ガイドがいない日は早起きして作った梅干のにぎりめし。今回これが一番旨かった! 今日のメニューはチキンにインスタントラーメン、サラダにビールにバーボンにテキラー。チキンを焼く時に煙が出て火災報知器が鳴ってパニックになりました。 自炊にお勧めなのが持参したユニフレームのライスクッカー。モーテルのナベはステンレスで焦げ付いて後片付けが大変。アルミ製でこれなら失敗無く美味しいご飯が炊けます。米はオーストリア産のショートグレイン。結構いけます。


Imgp0710.jpg (71866 バイト) Imgp0717.jpg (56214 バイト) Imgp0728.jpg (66068 バイト)
これがNZの釣り券。一昨年までは一週間券が有ったけど去年から年券しかなくなり92ドル、約7,500円です。 お得意のセルフ撮影。60cmのブラウンですがガイドにあきれ顔されました。ロッドはG.ルーミスのストリームダンス906、大物相手にはとても安心です。 ガイドの右手のグローブがフライパッチになっています。光物を使わない地味なニンフを勧めてくれました。


Imgp0737.jpg (86277 バイト) Imgp0791.jpg (89263 バイト) Imgp0807.jpg (31433 バイト)
私が釣ったブラウンです。目標の70cm、8ポンドオーバーには届きませんでしたが66cm、7ポンドです。それにして見事なハンプバック、惚れ惚れしました。 ガイドが付かない日は自作のバンブーロッドです。竿が満月に曲がっているんですがリールがシートから外れ結構あせっています。この後はリールをウエダーの中に入れてラインを手でたぐり無事ランディング。 スプリングクリークで朝はこんなスピナーが結構飛んでいました。


Imgp0822.jpg (78703 バイト) Imgp0839.jpg (62620 バイト) Imgp0832.jpg (65538 バイト)
ふざけた写真ですみません。 ライズを発見、何回も見切られ5、6回フライチェンジをしてスペントカディスを流したら追っかけて食いました。両方良い体型ですね。Kさんゴメン。 そのストマックです。スピナーにカディスにニンフ。この後は殆どの魚がカディスに良い反応をしました。

 

Imgp0741.jpg (65708 バイト)
何回見ても良い顔していますね。

クライストチャーに付く直前、飛行機がエアポケットでヅド〜ン、ヅド〜ンと急降下。
久し振りに手に汗握っていたら強風で着陸出来ずオークランドに行き先変更。
オークランドから国内線に乗り継ぎチャーチに着いたのが夕方の5時過ぎでした。
慌ててレンタカーを借りて出発!何とか夕マズ目だけでもと思いましたが川は何処も凄い濁り。
翌日からのガイドフィッシング4日のうちまともに川で釣りができたのが2日だけでした。
何処の川に行っても濁っていてガイドに何回アンラッキー、アンビリーバブルと言われた事やら。天気には本当に勝てませんね。
後半の2日間は何時ものトワイゼルに移動しガイド無しでの釣り。ところがこちらも川はオールマッディー!何年か前に行ったことのあるスプリングクリークを何とか捜して行ったら殆どクリアー。
60cmオーバーは出なかったけど半分あきらめかけていたんで最高の結構でした。
今回は何時もの半分くらいの数しか釣れなかったけど色んな経験が出来た楽しい遠征でした。


 

Copyright (C) 2004 Fly Fishing Proshop ParrMark. All rights reserved..
掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載 をお断りします。