フライロッド
フライリール
ウェア・ウェーダー
ライン・リーダー・ティペット
アクセサリー
タイイングツール
マテリアル
完成品フライ
書籍・ビデオ・DVD
アウトレット
2018.2
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
2018.3
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
=定休日

OPST・ロッド・ベルト

ネオプレン製のロッドベルトは、ベルクロを2ヶ所に配置。なぜベルクロが2ヶ所かというと、4ピースのロッドを一纏めにしてロッドベルトを先端部分とグリップ部分に巻いた場合、グリップ部分のロッドベルトは問題なく巻けますが、先端部分はグリップ部分より細いため、ロッドベルトを巻こうとすると、グリップにブランクスが当たり、無理に巻こうとすれば、ブランクスが曲がってしまいます。そのためにOPSTはベルクロを2ヶ所にして、この問題を解決しました。バットの先端部分にまず、ロッドベルトを1周ないし2周させてから他のブランクスを巻き止めます。こうすることによって、グリップ部分とバットの先端部分が同じような太さになり、他のブランクスを曲げることなくロッドを巻き止めることができます。また、ベルトを先端で止めることによって藪漕ぎの際に傷付けやすいトップガイドのダメージも軽減できます。

OPST Rod Belt S,M
【寸法】
サイズ:S 幅×長さ (cm):2x18
サイズ:M 幅×長さ (cm):3x32
【入数】S、M、各2個入り

※画像のサイズはSサイズです。

OPST・ロッド・ベルト


■S、Mともにマジックテープを2箇所に配置しています。

■Sサイズ:2×18㎝
(2個入り)

■Mサイズ:3×32cm
(2個入り)

■Mサイズは高番手のロッドやグリップ側の使用に適しています。

■S、M、比較
画像上:Sサイズ(18㎝)
画像下:Mサイズ(32㎝)

釣り場で外したロッドベルトはポケットなどに入れておくと他の物を取り出した際に落ちてしまい紛失することがよくあります。そんな経験がある方は、ウェーダーのサスペンダー部分に巻いておけば紛失も軽減できます。
■ロッドベルトの解説動画へ■



■ご購入はこちらへ(パーマークオンラインショップ)■