フライロッド
フライリール
ウェア・ウェーダー
ライン・リーダー・ティペット
アクセサリー
タイイングツール
マテリアル
書籍・DVD
アウトレット
2018.9
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
2018.10
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
=定休日

ユーフレックス・インファンテ NSF (渋谷直人モデル)

渋谷直人氏監修のロングリーダーティペット入門に最適なロッドです。6ピースは仕舞寸がコンパクトで源流系の釣りにも最適ですが、さらにフェルールの張りを利用してロングリーダーシステムもなんなくコントロール出来るロッドに仕上げました。入門者のみならず上級者にもお勧めできる一本です。もちろんロングリーダーシステムでなくても使えます。

【仕様】
ガイド: ハードクロームガイド
リールシート: ポケット&リング(コルク)
リールシート金具: アルミ
グリップ: フルウェル
フェルール: スピゴット

※詳細は画面下にスクロールしてください。

【渋谷直人氏コメント】
今までどうしても竹のアクションに近づけたいがあまり、NSFロッドシリーズも弾性の近い素材のグラスにしていました。これはこれで十分なパフォーマンスを出しています。しかし竹もグラスも素材の特性上、キャスト技術がシビアになり、振りなれない方にはかえって難しさを感じさせてしまうロッドだったかもしれません。

そこでもう少し気軽に、僕が行っているロングティペットの釣りを理解していただくために、テイストは十分に残したアクションを保ちつつグラファイトを選択してロッドデザインをさせていただきました。しかも6ピースで携帯性がよく、渓流の万能な#3ロッドに仕上がったと感じています。感覚的には8フィート以内に感じる、ティップの効くセミパラボリックアクションは今までのNSFシリーズ同様となっております。素材がグラファイトに変わるだけで、かなりのキャスト技術への寛大さが生まれ、初めてのロングティペットの方にはもちろん、リーズナブルなので予備のロッドとしても重宝するはずです。今までこの釣りを難しいと感じていた方にも是非、お奨めしたい一本です。グラファイトでありながらも軽すぎず、トルク感のあるロッドで、ある程度の基本を踏襲すれば誰にでも舟形ループを作る事が可能となります。少しでも多くの方に、そのループがいかに実際の釣りに生きるかを感じていただければと願っております。

実際のフィールドテストでの感覚は、とにかく振りやすい。かなりの向かい風の中で#9の黒虫フライを結び、リーダーはLDL15ft4X、ティペットは5Xを7ft以上足して釣りをしてみました。思い通りに近いアクションで、自分の振り方が乱れる事もありません。向かい風を切り裂いてフライをポイントに届ける事ができました。振り方を多少変えても、かなり近いループ形状になります。そんな中、実際に釣ろうと思い、ポイントに移動しました。相変わらず凄い風の中でしたがですが、結構楽に釣りができました。これは良さそうなロッドだなと感じながら、ここはと思ったポイントから出たのは本流大ヤマメ。#9黒虫フライを丸呑みです。増水気味の激流の中、しっかりとアシへの疾走も止めることができ、ネットに収まったのは37.5cmのメスヤマメでした。テストとしてはうまくいき過ぎですが、この大きさの空気抵抗のあるフライを23ftシステムで投げる事ができてこんな大物も取れるなら、性能としては間違いありません。強すぎず、弱すぎない絶妙なバランスに仕上がりました。